1769年からのスタートは 輪島塗を塗師蔵で作る小さな工房
輪島湊は昔は北前船が年間6百艘入港する港でした、工房近くに停泊する北前船に乗る事で北海道まで、作った漆器を売る事が出来たのです。(経緯や工房歴史などは「story」で)

日本の歴史遺産と認定された北前船
江戸時代からの漆道具(現在も使用中)

江戸時代からの注文書の中には、漆器の形状を書き添えためずらしいものも屏風の下張りからも見つかっている。
仕事制作中の記録は写真だけではなく映像でも記録してあり、随時 公開予定

制作の現場

平成17年度  フランスパリ国際見本市メゾン&オブジェ出展
平成18年度  〃           単独出展
平成19年度  〃           〃
平成20年度  〃           〃
いしかわファンド事業認定
平成21年度  フランスパリ国際見本市メゾン&オブジェ共同出展
経産省地域資源活用事業認定
平成23年度  ウィーン工芸展出展と蒔絵技術の現地披露

フランス、スイス、ドイツ、イギリス、イタリア、オーストリア、チェコなどの
つながりを始め、他分野の協力で漆や漆装飾の新たなステージへと仕事を広めている。